上京するための引越し、準備一覧をまとめてみる

前の記事→上京するならまずは移動手段を決めよう!!

東京への移動手段が決まり、上京する日程も決まったら、あとは引っ越しの準備ですね。

やることリスト(TO DOリスト)を作成し、終わったら項目を削除していくのがおすすめです。

アプリのTo Doリストが便利ですよ~!

やることリスト 手続き編

  1. 現在の大家さんに退去の連絡
  2. 住民票異動(移動)のための転出届け
  3. 電気、水道、ガス、ネットの引っ越し or 停止
  4. 郵便局へ転居届を提出

順番に見ていきましょう。

1. 現在の大家さんに退去の連絡

もともと実家住まいで、これから上京後一人暮らしになる人には関係のないことですが、

引っ越し時に賃貸でアパートやマンションを借りている人は、退去することを前もって大家さんや管理会社に連絡しなくてはいけません。

賃貸の契約書に「1か月前までに連絡すること」などという規定があると思います。

契約書を確認して、いつまでに連絡しておかないといけないか、きちんと把握しておきましょう。

多くのところで「1か月前までに」となっていると思います。

また、退去時に家賃の日割りがあるかどうかも確認しておきましょう。

月はじめに引っ越したいのに、新たに1か月分の家賃を取られるのは悔しいですからね。

これは上京しようと決めたら、早めに連絡が必要です。

2. 住民票異動のための転出届け

おすまいの市区町村の役所に行って転出届を出しましょう。

印鑑や身分証明書、マイナンバーカード(自治体による)などを持っていくのを忘れずに。

(筆者は印鑑忘れて行って、近くの100均であわてて買ったものの、結局いらなかったことがありますが…)

新住所がまだ決まってなくても、転出届はできます。新住所を書く欄がありますが事情を説明しましょう。

上京が決まったらすぐ手続きしましょう。転居届は住民票を東京に移す際に必要です。

東京に行ってから、転出届を郵送してもらうことはできますが、郵送には時間がかかります。

3. 電気、水道、ガス、ネットの引っ越し or 停止

これも、もともと実家住まいの人はそのままでOKでしょうね。

賃貸の人は、電気、水道、ガス、ネットの契約をそのままにはできません。

だいたいの手続きはネットで、ささっとできちゃいます。

また賃貸によって、水道は開栓・閉栓が不要というところなら、そのままでよいです。

だいたいそういうのは大家さんか管理会社が管理しています。

ただ契約当初に水道の開栓も行っていたら、閉栓もしなくてはいけません。

また、ガスは閉栓の立ち合いが必要な場合がわりとあります。

前もって立ち合いの日を決め、早めに連絡しましょう。

あらたな引っ越し先が決まっていれば、そのまま電気ガス等も、閉栓・停止とともに、引っ越し手続きができます。

そして、タマゴハウスのシェアハウスに住む場合、そういったインフラ系はすでに整っているので、新たに契約したりする必要がないのでラクです。閉栓だけ or 停止だけで良いのです。

4. 郵便局へ転居届を提出

次の住所が決まっているなら、郵便局にも転居届を出します。

まだ決まってなければ、東京で住所が決まってからでOKです。

これもネットでできます。今の時代はいろいろネットで解決できますね!

郵便局のホームページで簡単にできます。

もしくは郵便局などで置いてある、転居届のはがきに住所を記入をし、そのままポストに入れれば、転居届の手続きができます。

これをしておかないと、あなた宛ての郵便物が旧住所に届き続けることになり、あなたのあとに住む住人が困ることになります…。転居届を出しておけば、前の住所にあなた宛ての郵便が来ても、郵便局が新住所に送ってくれます。

このサービスも1年間だけなので、それまでに、もろもろの住所変更の連絡や手続きも忘れずに行いましょう。

筆者も引っ越したばかりのころ、よくありました。前の住人の郵便物がしょっちゅう届くのです。

届いてくるダイレクトメールで、前に住んでた人がどういう人か想像ついてしまいます。

やることリスト 引っ越しの準備編

  1. 荷づくり・不用品を捨てる
  2. 引っ越し業者を決める・予約する
  3. 友達などに引っ越しの報告

1・荷づくり・不用品をすてる

「部屋にそんなに物ないし、大丈夫だろう」と思っていても、意外とあるのに気づくのが引っ越しのとき!

段ボールがすぐいっぱいになります。

リサイクルショップやフリマアプリのメルカリなどを駆使して、

不要なものを売ってしまいましょう!

家電や家具などといった粗大ごみは、自治体によって処分の仕方が異なりますので、

各自治体のホームページなどを参考にして、不法投棄など絶対にしないように、立つ鳥跡を濁さず、引っ越ししましょう。

2. 引っ越し業者を決める・予約する

これが一番面倒だと思うのは筆者だけでしょうか。

どこがいいのやら、引っ越し業者っていっぱいあってよくわからないですよね…

一括比較サイトなんかもありますけど、気をつけてください。

筆者は一度それやって、営業のメールや電話がいっぱい来ました!

結局どこがいいのかよくわからないので、赤帽さんに一度頼んだことがあります。赤帽さん良かったです。お値段も、お仕事も。段ボールは自分で用意でしたが、ほんと十分満足でした。

あとは車持ってる人に手伝ってもらうとかもアリですね。

しかし、家具家電ついてるタマゴハウスだったら、スーツケース1個で引っ越しできてしまいますよ!

必要なのは、服や貴重品だけ。家具家電を現地で調達する必要もありません。

3. 友達や家族などに引っ越しの報告

SNSがありますが、SNSの危険性も理解しましょう。

引っ越し先を知られたくない友達・知人って、誰もがいるのでは?

うっかりSNSに、「来月東京に引っ越します。東京在住の人、会いましょう!」と書きこんだ日には、東京に住むあまり会いたくない人から、「え!会いたい!」と飲みに誘われかねません。

知らせる友人をきちんと見極め、SNSで公開するときは、限定公開にするなどして、安易に自分の現況を多数に知られないようにしましょう。

もしくはほんとうに仲のいい友達にだけ、連絡をしておきましょう。

・・・と引っ越し準備は、だいたいこういう感じでしょうか。

自分なりのやることリストを作成して、無事に上京をやりとげましょう!!

お問い合わせや内見申し込みはこちら

内見のお申込みやお問い合わせはこちらからどうぞ

18~44歳の方の募集です。

ご入居期間は最低1年以上となっております。

お名前 必須

メールアドレス 必須

携帯番号 必須

問い合わせ内容 必須

入居の開始時期 必須

お問い合わせ内容

 

引っ越し荷物不要!新宿の格安シェアハウス一覧