シェアハウスの光熱費はどうやって請求されるのか?

ぴよ神とミニぴよちゃんのイラスト

シェアハウス

シェアハウスの良いところは全てを「シェア(共有)」するから

家賃や光熱費を安く済ませることができます。

生活費を節約したい人にとっては、無駄な出費が少ないので、

何かしらの目的のために貯金をするのにはもってこいの生活スタイルですね。

しかしみなさんが疑問に思うのは、

「光熱費は人数分でワリカンをするのか?」

というところではないでしょうか?

シェアハウス(ゲストハウス)の場合

シェアハウス業界を見渡すと2つのパターンで光熱費を請求していることが多いです。

1:共益費に含まれるケース

光熱費が共益費に含まれているケース。

一戸建て(一軒家)、マンションの一室に請求されてくる光熱費は、

入居者みんなで支払うカタチになります。

シェアハウスの共益費に光熱費も含めているパターンです。

2:光熱費を固定で請求するケース

共益費ではなく、管理費と光熱費を分けて、別途請求している会社もあります。

例えば、光熱費を1万円と最初から決めて請求していて、

それを超えても超えなくても1万円を徴収しています。

一人暮らしで月1万円も光熱費かかるでしょうか?

私は、一人暮らしをしていた時は光熱費は合計で7000円前後でした。

夏場や冬場の電気代は高くつきますが、過ごしやすい時期はそうでもないですからね。

こういったケースは、管理費も別途請求してくるので、生活費が余計に掛かるかも知れません。

ルームシェアの場合

シェアハウスと同じで入居者全員で払います。

シェアハウスは管理者(会社)が代わりに光熱費を払ってくれますが、

ルームシェアの場合は、入居者が自分たちで銀行口座を持って支払いをしなくてはならないということです。

それ以外は全く同じです。

タマゴハウスの場合

タマゴハウスの場合は、共益費に光熱費を含めています。

共益費(9,900円)=光熱費+インターネット代+管理費

かなりの費用が共益費でカバーされています。

光熱費は、シェアハウスへの入居者1人当たり3,500円という金額を割り当てています。

例えば、入居者が8人のシェアハウスだったら、

3,500円(1人当たりの光熱費)×8人(入居者の数)=28,000円(シェアハウスの光熱費)

このシェアハウスに請求された光熱費が28,000円を超えた場合のみ、別途光熱費を請求します。

電気代と水道代、ガス代の合計が32,000円だった場合は、

上限額よりも4,000円オーバーしているので、

4,000円を8人で割ると1人当たり500円が別途請求されます。

なので、その月は別途500円を家賃と共益費以外に光熱費として請求します。

入居者のみなさまには節電をお願いしております。

誰もいない部屋でエアコンつけっぱなし、などないように管理で毎日の清掃時にチェックしています。

なので、いまのところ追加請求することはまずないのでご安心ください。

光熱費を分けて請求しているシェアハウスよりは、

生活費を安く収めることができるかも知れませんよ。

内見申込フォーム

内見申込などお問い合わせはこちらからどうぞ。

こちらは男性物件で44歳以下の募集です。

ご入居期間は最低1年以上となっております。

お名前 必須

メールアドレス 必須

携帯番号 必須

問い合わせ内容 必須

入居の開始時期 必須

お問い合わせ内容