釣り物件見分ける方法by elmindreda

釣り物件を見破る賃貸物件の探し方を公開しますね。

賃貸業界的にまだまだ多い「釣り物件」や「おとり広告」。

ありもしない物件を掲載して、お客さんを来店させる。

全然違う物件を契約してしまった人、結構多いんじゃないでしょうか?

実は私もありもしない釣り物件を求め、尋常じゃない回数で釣られちゃってました(笑)

限りある時間で物件を探せるように、「釣り物件」や「おとり広告」を見破っていきましょう!

豊富な釣られ経験をもとに編み出した確かな方法!

創業以来、シェアハウスを10物件近くプロデュースしてきたので、

物件探しで釣られちゃった経験はとっても豊富です(笑)

実際に私が東京都内や新宿エリアで何度も釣られて学んだやり方なので、

きっと効率的に物件探しができるようになります!

よろしければ参考にしてください。具体的な方法は以下の通り。

まずは希望物件の掲載会社に電話問い合わせ。

電話確認の際に、空室確認と内見スケジュールを尋ねる。

空室が無ければ次の物件を探そう!

電話口で希望条件を伝えないこと。

内見スケジュールが取れたら次の流れへ。

キーワードは「現地待ち合わせ」

来店ではなく、必ず現地待ち合わせ。

なぜか?

釣り物件では現地待ち合わせができないからです。

現地待ち合わせを断られたらそれ以上はやり取りを続けないこと!

電話口でいろいろと希望条件を聞かれても伝えず、来店しないようにしてください。

なぜなら、効率よく希望条件に合う物件を探すためです。

お部屋探しはあなたにとって大切なことだから、失礼なことではありませんよ。

さあ気を取り直して次の物件を探そう!

いい物件は他にもあります。

同じやり方で繰り返すことが大切。

固執せず現地待ち合わせができるまで問い合わせです。

継続は力なりってことです。

現地待ち合わせの検証結果

創業当初は尋常じゃなく釣られまくっていたものの、

タマゴハウスの運営物件は、結果的に全てが現地待ち合わせで内見したものばかり

もはや、しつこい来店提案=釣り物件という認識があります。

それだけ都心には釣り物件やおとり広告が多いんですよね。

限りある時間を効率的に使って、自分に合った物件を見つけましょう!

Author Profile

Yasutomo Nakajima
Yasutomo Nakajima
2001年、新聞奨学生として配達員×予備校生。寮で共同生活のキャリアを開始。
この頃節約に目覚め、上京資金として年間100万円貯蓄。
現在は新宿サバイバル15年目。新宿でシェアハウスを運営しながら都心で楽しく節約できる生活を研究。