シェアハウスでのアラームひと工夫

シェアハウスでのアラーム使用と、快適に暮らすためのひと工夫についての記事です。

Q. シェアハウスで、アラームはどうしたらいいですか?

タマゴハウスでは、音の出るアラームは控えていただくようにお願いしております。

シェアハウスは共同生活なので、音の出るアラームではシェアメイトに迷惑を掛けてしまうからです。

これは個室タイプのシェアハウスでもドミトリーのシェアハウスでも同じです。

アラーム音を聞かされる側としては騒音に他ならないので、これは結構ツライことです。

アラームはシェアハウス内でトラブルのきっかけになります

アラームが鳴っていても全然起きなくて、ずーっと鳴りっぱなしで止めない人がいたら、起こされた側としては腹が立ちますよね?

賃貸(ワンルーム)でも、お隣のアラーム音が全然止まらなくて、無駄に朝早く起こされてしまったり、休みなのに起きてしまった……という騒音トラブルは結構あるんです。

しかも耳に残るんですよね、アラームって…

ですので、タマゴハウスではアラーム音は全面禁止とさせていただいています。

Q. アラームなしで起きられる自信がありません、どうすればいいですか?

アラーム音がダメならどうしたらいいのかと、不安に思われる方は多いかもしれません。

そこでアラームにカンタンなひと工夫をして頂いています。

それは、アラーム設定をバイブレーションにすることです。

これだけでシェアメイトの方々に配慮できるので、みなさんにご協力頂いています。

もちろん中には、「朝が弱くて音のアラームでないと起きられない」という声も聞こえてきます。

そういう方も安心してください。すぐに慣れてしまいます。

どうしてもバイブレーションだけでは起きられる気がしない!!」という方は、以下のような工夫をしてみてください。

  • 体に密着させて寝る
  • 着ているパジャマや服のポケットに入れて寝る
  • 枕の下に入れて寝る
  • 手首にストラップを巻いてスマホを手元に固定する

シェアハウスに入居する前にお試しいただくといいかと思います。そうすればどの方法だったら起きられるか、入居する前にわかります。

特に枕の下は頭のすぐ近くで振動を感じるので、アラーム音より効果的です。

ただし、ドミトリーベッド(2段ベッド)の上段の場合、枕の下に設置すると、下段の人には振動音がうるさく感じるかもしれません。

「枕の下に入れたらなんとか起きれた!」という人はベッドの下段に入居することをおすすめします。

 

このように、バイブレーションに設定していても、スマホの置き方によってうるさくなるので注意が必要です。

うるさくなりがちな置き方に気を付ける

  • ベッドの枠に当たらないようにする
  • 固いものに当てない
  • 布団の下に置かない
  • 床に置かない、落とさないように気を付ける

などを気を付けて、周りの方へのご配慮をお願いします。

Q. 昼や夜だったらアラームは鳴らしてもいいですか?

朝起きるのではなく、昼や夜に起きる方はどうでしょうか?

何時であっても、アラーム音は禁止としています。

タマゴハウスでは東京都心の新宿という立地なので、日中にお仕事をする方、夜にお仕事をする方など生活リズムが様々です。

物件内には昼夜問わずお休み中の方がいらっしゃるので、24時間アラームは禁止とさせていただいています。

 

アラームはバイブレーションでお願いします!

バイブレーションで起きることに慣れるまでは眠る前に少しイメージするといいです。

明日はバイブレーションで起きる!

そういう風に意識してみてください。ものの1、2日で慣れてしまいますよ。

お問い合わせや内見申し込みはこちら

内見のお申込みやお問い合わせはこちらからどうぞ

18~44歳の方の募集です。

ご入居期間は最低1年以上となっております。

お名前 必須

メールアドレス 必須

携帯番号 必須

問い合わせ内容 必須

入居の開始時期 必須

お問い合わせ内容

 

新宿の格安シェアハウス一覧

Author Profile

Yasutomo Nakajima
Yasutomo Nakajima
2001年、新聞奨学生として配達員×予備校生。寮で共同生活のキャリアを開始。
この頃節約に目覚め、上京資金として年間100万円貯蓄。
現在は新宿サバイバル15年目。新宿でシェアハウスを運営しながら都心で楽しく節約できる生活を研究。