こんにちは!ゆーすけです!

「時間がなくて、〇〇できない・・・」

みなさんもよく口にしてしまうのではないでしょうか?

私自身も資格試験の勉強などが上手く進まないときには、そのような理由を自分を正当化させるために使ってしまっていました…。しかし、自分の1日の使い方をしっかりと振り返ってみると、意外と自由な時間があることに気づきました。

時間の作り方のポイントは、1時間とカフェでした!

1時間を有効活用する!

1時間と聞いてみなさんはどんな印象を持ちますか?長いですか?短いですか?おそらく人によって、そしてシチュエーションによって様々だと思います。普段のようにメールを返したり、TVを見たり、本を読んだりとしていると、何気なく1時間は過ぎてしまうものです。一方で、卒業式などで人の話を1時間聞くとなると、その長さにウンザリすることもあるでしょう。

時間を有効活用しようとする時、1時間をどのように使うか、1時間をこれまでどのように使ってきたか、を考えることは非常に大切な事です。私が今回提案する1時間は、仕事前の朝か仕事後の夜の1時間を有効活用しようというものです。

数年前から「朝活」という活動が流行っています。朝、会社に出勤する前に趣味や勉強に時間を使うことを指します。私自身は朝もいいですが、夜でもいいのだと考えています。朝が弱い人もいれば、夜は疲れてダメという人もいます。そこは人それぞれだと思いますので、自分が合う方を選んでください。

私の場合には朝はあまり強くない方なので、夜に1時間確保して勉強をするようにしています。仕事が終わるのが20時で、そのあと夕ごはんを食べると22時くらいになります。その後にTVやネットサーフィンに時間を使うのではなく、勉強に最低1時間を使用するようにしています。そうすることで、勉強が少しずつではありますが前進し、休日に慌てて1週間分をガッツりやるということが無くなりました。

カフェを有効活用する!

上記では1時間を確保することをお伝えしましたが、今度はその1時間をどこで過ごすかという点に着目してみたいと思います。

私は有効活用する1時間を使用する時、ほとんどの場合カフェで勉強しています。これは、自分の部屋では落ち着けないという理由もありますが、それ以上に自分にプレッシャーをかける為という側面が強いです。

カフェに行くと必然的にお金を支払うことになります。少ないところで100円、多いところで500円とマチマチですが、いずれにしてもお金を支払わないとカフェは利用できません。

カフェで時間を有効活用する最も重要な理由は、この『お金を支払う』という点にあると考えています。つまり、お金を支払っているのだから、時間をしっかりと使わないとダメだ!という心理が働くのです。これが、カフェにかけるお金が高ければ高いほど、そのように思うようになります。

家だと眠くてそのまま寝てしまう…ということも、カフェであれば『せっかくお金を出したのだから、ガンバろう!!』という気になるのです。

ちなみに、シェアハウス研究所の近くには夜遅くまで開店しているカフェが多いので、勉強する場として非常に重宝しています。

みなさんも朝または夜の1時間をカフェで有効活用してみてはいかがですか?

Author Profile

ハウ蔵
ハウ蔵
タマゴハウスの回し者のひとり。
ハウ蔵は「はうぞう」と読みます。

趣味は趣味探しと自分探し。
なのでキャラが定まっていないことが多い。

最近の好きな食べ物はチキンラーメン。