こんにちは、ゆーすけです!

今回のブログのキーワードは、ズバリ節約!!

どんなに収入があっても、節約は日常からしたいもの。節約をしてムダなお金を削減することで、自由に使えるお金を増やすことができます。そうすれば結果として、自分の趣味や友だち・恋人にもっとお金を回すことができるようになります。

そんな生活を手に入れるために、『節約家ゆーすけ(自称)』がみなさんに対して、タマゴハウスでの賢い節約術をお伝えしたいと思います!!

賢い節約術のポイントは、固定費と変動費をしっかり区別することなんです!!

固定費と変動費とは?

固定費と変動費。一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

会社に務めている方はよく耳にする言葉だと思いますが、家庭でも固定費と変動費を意識していますか?まずは、固定費と変動費の定義を確認したいと思います。

固定費:一定額の定期的に発生する費用のこと

変動費:生活に伴う活動の頻度、度合いによって変動する費用のこと

具体的にはどういうこと?ということで、具体例を載せてみたいと思います。

<固定費>

例えば家賃のこと。旅行や出張で1週間や1ヶ月留守にするとしても、家賃は家に自分が居るいないに関わらず一定のお金がかかります。また、新聞購読料金や生命保険料なども固定費に含まれます。

固定費の性質は、一度費用の発生が決まると、なかなか減らすのが難しい点にあります。後述しますが、変動費と違って、「今月はお金がなから我慢しよう/抑えよう」というのが難しい性格を持っています(難しいだけで、無視しても良いという訳ではないのでご注意を!)。

<変動費>

例えば食費のこと。外食や高い食材を使用して毎日を過ごせば必然的に食費は高くなります。一方で、節約だ!と言って毎日手作り料理やカップラーメンなどで過ごせば食費は低くなります。被服費、交際費、生活雑貨費、レジャー費、光熱水費などもこれに含まれます。

変動費は、しっかり管理して自分がどれだけ消費しているのかを理解できれば、減らすことができる費用になります。したがって、節約をするためには、変動費を意識することが非常に大切になります。

削減ではなく、コントロールすることが大切!

「私は、節約だ!」というと、「すぐに支出を削減しよう!!」となることに対してあまり納得しません。なぜなら、それは結果的に無理な生活を強いてしまい、友人・恋人などの人間関係を悪くしたり、体調を崩したりといった人生を不幸なものにしてしまう可能性があるからです。

そうではなく、支出はコントロールするべきだと私は考えています。

つまり、削れるところは削り、使うところは使う。そういう節約が大切だと考えています。

例えば、食費が毎日1,500円かかっているならば、1,000円で済ますにはどうすれば良いかと考えてみます。手作りをしたり、安売りしている食材を求めれば、結構簡単に減らせるものです。しかしそれは、飲み会に行かない!とか彼女と1ヶ月毎の記念日に高い食事で祝わないということではありません。

1週間を7,000円(7日×1,000円)で生活しようと決めたら、その予算内で上手く支出をコントロールすれば良いのです。7日のうち6日を700円で済まし、浮いた1,800円(6日×300円)を1日分にのせて、3,800円の予算で少し贅沢をしてもいいのです。

タマゴハウスの賢い利用術は、例えばそのような食費を浮かしたいという時に、無料食材を利用して自炊することができるでしょう。

節約術は、生活を豊かにするためにするべきだと考えています。無理をして生活の質を下げてしまってはいけません。ぜひ、固定費と変動費を意識して、生活を豊かにしましょう!!!

Author Profile

ハウ蔵
ハウ蔵
タマゴハウスの回し者のひとり。
ハウ蔵は「はうぞう」と読みます。

趣味は趣味探しと自分探し。
なのでキャラが定まっていないことが多い。

最近の好きな食べ物はチキンラーメン。