地方から東京都内へ上京してくる人はたくさんいます。

私も北海道から上京してきた上京組です。

最初に悩んだのが、

「東京へ行くのにどれだけの上京資金を持って行けば良いのか!?」

を考えたり、ネットで調べたりしていました。

 

今まで、生まれ故郷の北海道から

沖縄⇒神戸⇒再度、北海道内を3カ所⇒東京

と引っ越しを何回も経験をしています。

今回は、地方でずっと過ごしてきて、

東京へ初めて引っ越しをする方のために、

「必要な上京資金」について話していきたいと思います♪

貯金

どれくらい上京資金を貯金すれば良いのか?

個人的な経験から最低3ヶ月分の生活費があれば、

上京してきてからもそれなりに楽に生活をすることができます。

私は無謀というか、アホな人間なので、

手持ちが2〜3万円くらいの全く貯金がないような状態で

北海道の名寄市という街に引っ越しをしてしまい、

それくらいの資金だと借りる賃貸物件もないので、

その会社の社長が持っていたボロ家を賃料1万円で貸してもらっていました。

boroya

幽霊が出そうな家で、風呂もネズミやスズメの死体がありました…

洗面台もない上に、お湯も出ないので、

北海道のマイナス10度という中で、冷水で髪の毛や顔を洗っていました!

ストーブなどの暖房器具をつけておかないで、髪の毛を洗ったまま放置すると凍りました(笑)

このような状況にならないためにも、生活をするのに十分な資金を持っていってください;つД`)

こういった経験から「3ヶ月分の生活費を持っておく」

というのが最低ラインだと考えています。

できたら、6ヶ月分あればベストですね(^^)

上京の目的によっては、さらに資金が必要です

上京をしてくるからには、何かしらの目的があるはずです。

「就職や転職であなたに適した会社で仕事をしたい」
「音楽や芸能関係の仕事をしてみたい」
「自営業を始めてみたくて、仕事の多い東京へ来た」

など、それぞれの目的を持って東京へ来たと思います。

転職や就職ならば、交通費や履歴書、写真代程度ですので、数万円で足りると思います。

音楽や芸能ならば、衣装代、レッスン代と数十万円は必要かもしれません。

自営業を始めるならば、ピンキリですが、

数万円~数百万円、数千万円……と事業のやり方や業種によって異なってきます。

ここに関しては、東京へ上京してきてから貯めても良いですし、

その前に貯金をしてきてからでも良いですし、あなたの目的次第です。

東京だと地方で正社員として働くよりも、バイト代の方が高いところが多いですから、

目標に向かって活動をしながらバイトでお金を貯めるのもアリだと思います。

若者

結局、具体的にはいくらお金があれば良いの??

タマゴハウスの2万円代のシェアハウス・ドミトリー物件を例えに話していきましょう!!

2万円代のシェアハウス物件に興味を持ってくださったならば、下記のページに物件の詳細を
書いてあるので読んでみてください。

「東京都新宿区の賃料2万円代シェアハウス」こちらをクリック

新宿の物件なので、就職活動や自営業などでも活動をしやすいですし、アルバイトも見つかりやすいですよ♪

 

生活費を3ヶ月分と考えると、

1:家賃
2:光熱費
3:食費
4:インターネット代
5:ゴミ袋やティッシュなどの消耗品代
6:携帯代
7:交通費
8:年金や健康保険代など

といったものが必要になってきます。

 

タマゴハウスが扱うドミトリーのシェアハウス物件だと

1〜4まではシェアハウスの賃料(29,800円)と共益費(8,000円)に含まれています。

1人あたり光熱費3,500円までと、ネット代がタマゴハウス側の負担になります。

 

タマゴハウスのもう1つのサービスとして、

「食材と生活消耗品の発注」というものがあります。

「食材と生活消耗品の注文方法とリスト一覧」ページへはこちらをクリック

トイレットペーパーは支給対象ですが、ティッシュは対象外になります。

しかし、洗剤やスポンジ、ラップなどは支給されますし、最低限の食器もあります。

もちろん、シェアハウスですので、

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの家電も、ひととおりそろっていますので

生活費以外の余計な費用はほとんどかかりません。

 

タマゴハウスのドミトリー物件で住むとなると、月々必要になる金額は…

賃料29,800円

共益費8,000円

携帯代6,000円前後

消耗品など1,000円

計約45,000円

これに初期費用の預かり金として10,000円が別途必要になります。

このお金は、特に問題なければ、ほぼ全額返金されます。

また、携帯代は格安スマホなどを利用すると、1000円くらいで済みますし、

生活費をもっと抑えることができますね!

 

他にはそれぞれの上京者の状況によりますが、

  • 支給食材以外での食費
  • 年金と保険代3万円前後(収入によります)
  • 目標のための活動費

などが必要になりますね。

だから、生活費を節約できるタマゴハウスのドミトリーに入居する際でも、

45,000円(1ヶ月の生活費)×3ヶ月+10,000円(預かり金)=145,000円

これにプラス、上京してくるための交通費、目的を達成するための活動費などが必要になってきます。

生活費以外のことを考えると「30万円」は少なくとも上京資金として持っておくと良いと思います。

一般的な賃貸マンションやアパートだと安いところを探しても、

最低でも90万円以上は必要だと思っておいた方が良いと思います。

敷金や礼金も掛かりますし、家電や食器、調理器具などを揃えたりと

シェアハウスに比べて何倍もお金が必要となります。

 

シェアハウスの良い点の1つとして、「初期費用が安い」というのもあります。

タマゴハウスのドミトリーだと、初期費用47,800円(家賃・共益費・預かり金)で入居できますからね♪

また、タマゴハウス以外のシェアハウスだと、食材や消耗品の発注サービスがないところが多いので

毎月の生活費がプラス2万円以上は掛かると考えておいた方が良いと思います。

新宿や渋谷などの都心から離れても良いならば、

賃料の安いドミトリーシェアハウスはあるので、そういったのを探すのも手ですね☆

 

質問があればタマゴハウスまでご連絡ください♪

メールでも電話でもどちらでも構いませんのでいつでもお問い合わせください!

お問い合わせページはこちらをクリック