シェアハウス研究所 所長です。

この時期、進路が決まっていく人が多い時期ですね。

大学、専門学校、予備校などなど。

学費や生活費など、全ての資金を自分で調達する、

そんな人向けの記事です。

学費の調達

進路を決めるにも、

学校に納めるお金が無ければどうしようもありません。

以下に、私の場合を例に挙げていきます。

高校卒業後、予備校に通いたかったのですが、

入学金や授業料の捻出ができず困り果てていました。

学業と両立できる仕事はないのか

アルバイトを探しましたが、

受験勉強に専念できるような求人は皆無でした。

高校時代に新聞配達のアルバイトをしていたので、

以前お世話になった販売店に連絡してみると、

新聞奨学生について紹介してもらえました。

  • 入学金、授業料貸与
  • 給料支給
  • 住まい支給
  • 食事アリ

当時、進退窮まっていたわけで、

この条件に飛びつきましたね。

他のアルバイトとの比較

  • ただただキツイ
  • 最初からシフトがフル
  • シフトがフルだから支給額が高い
  • 強制的に規則正しい生活になる

実際にやってみた

私の募集条件では実働6-7時間の条件だったんですが、

工夫を重ね、実働5時間弱を実現。

皆が歩いて配達するところを駆け足で配達しました。

体力的には相当キツかったですが、

時給換算するとかなり割りのいい仕事でした。

新聞奨学生になったおかげで、

勉強時間が確保でき、

規則正しく予備校生活を送れたので、

無事に志望校に合格することができました。

勉強に集中できた理由として、

悩む時間が無かった事も良かったですね。

お金を使う時間すらなかったので、

すごくお金が貯まりました(笑)

各奨学会リンク

以下にリンクを貼っておきますが、

条件や実際の評判などは必ず詳細に調べてください。

ちなみにタマゴハウスなら、

都心の住まいに食材、

そして、上京して間もないルームメイトが集まっていますよ!

学費がなんとかなるなら、

ぜひタマゴハウスも検討に入れてください!

Author Profile

Yasutomo Nakajima
Yasutomo Nakajima
2001年、新聞奨学生として配達員×予備校生。寮で共同生活のキャリアを開始。
この頃節約に目覚め、上京資金として年間100万円貯蓄。
現在は新宿サバイバル15年目。新宿でシェアハウスを運営しながら都心で楽しく節約できる生活を研究。