デポジットとは

「シェアハウスに入居する際に管理者へ預けるお金」

のことを言います。

デポジット=預かり金 です。

相場として2〜4万円ほどですが、探せばまれに0円のところもあります。

預かり金すべてを返却されるケースはほとんどありませんが、

一般的な賃貸不動産の敷金礼金は掛からないので、シェアハウスの方が安く入居することができます。

 

シェアハウスの初期費用は、

初期費用=デポジット(預かり金)+1ヶ月分の家賃+1ヶ月分の共益費

というもので、その中にデポジットも含まれています。

そして、デポジットについて考える上で知っておきたいコトがあります。

「償却」(しょうきゃく)についてです。

 

償却とは?

預かり金を「償却」するという表現があります。

償却とは不動産用語の一つで、

「退去時に無条件に、デポジット・敷金から差し引かれるお金のことを言います」

部屋を最初の現状に戻すための、

・クリーニング代や清掃代
・鍵交換代
・事務手数料

として償却されている場合が多いです。

3万円預けて、全額償却されて、デポジットが1円も返ってこないところも多くあります。

また、室内を禁煙というルールにしているにも関わらず、

タバコを部屋で吸っていた場合に、デポジット以外に別途請求される場合もあるので注意しましょう。

saving/money/cost

結局、デポジット(預かり金)は返ってこないのか?

デポジット(預かり金)の返却条件は会社によって異なるので、

シェアハウスを借りる候補の管理会社のホームページを見たり、

しっかりと内見のときに質問をして聞いてください。

管理会社側としては、部屋を必要以上に汚されたり、

なにかしらのトラブルに対するリスク回避として、最初にお金を預かるのは当然といえば当然です。

 

タマゴハウスの場合

退去した2ヶ月後に、お預かりしたデポジット(10,000円)はお返しします。

なぜ、2ヶ月後なのか?

それは光熱費が割当の金額よりを超えていた場合に、

預かり金から光熱費を抜いた金額をお返しするからです。

実は、水道代が2ヶ月一緒に請求されるので、退去月の光熱費がわかるのが2ヶ月後になります。

これだけでは、理解しづらいと思いますので、もう少し具体的に説明します。

 

タマゴハウスの共益費8,000円の内訳は、

共益費=食材費+光熱費+インターネット代+清掃料などの管理費

というものです。

また、タマゴハウスのルールとして、光熱費(水道、ガス、電気代)は

1人あたり3,500円と決まっています。

 

たとえば、12人が住むシェアハウスだと

3,500円×12人=42,000円が、そのシェアハウスの全部の光熱費として割り当てられます。

もしも、その光熱費42,000円を超えた場合に、別途光熱費を請求します。

ある月の光熱費が48,000円だとしたら6,000円が割当の光熱費を超えているので、

それを12人で割ります。

(個別に請求ができたら良いのですが、物件毎ごとに光熱費を請求をされるので出来ません)

6,000円(割当の光熱費を超えた金額)÷12人=500円

家賃と共益費以外に別途500円の光熱費が請求されます。

 

それをあなたが退去した月の光熱費として考えるので、

10,000円(タマゴハウスのデポジット)ー500円(退去月の光熱費)=9,500円(これが返却金額)

になります。

他のシェアハウス会社のホームページなどを見てもらえるとわかると思いますが、

タマゴハウスはデポジット10,000円と、他社に比べると格安の料金設定になっていて、

公共料金の超過やルール違反がない限りデポジットは返金されます。

 

Author Profile

ハウ蔵
ハウ蔵
タマゴハウスの回し者のひとり。
ハウ蔵は「はうぞう」と読みます。

趣味は趣味探しと自分探し。
なのでキャラが定まっていないことが多い。

最近の好きな食べ物はチキンラーメン。