ほとんどのシェアハウスには門限がありません。

それをチェックする人が学校の寮などと違っていませんし、

東京は昼の仕事をする人も、夜の仕事をする人も両方いるからです。

あなたの好きな時間で仕事を選び、遊ぶこともできます。

しかし、門限がないので、あなたが帰ってくる時間帯も自由ですし、

同じシェアハウスに住んでいる方も、帰ってくる時間が自由なので、

「他の入居者がゴソゴソと生活をする音がうるさくて眠れないのではないか?」

という心配も出てくると思います。

 

タマゴハウスではどうなの?

入居者の方に「生活リズムが異なるために、夜中に音をたてたりする人はいますか?」

という質問を受けることもありますが、

シェアハウスに住んでいけば、マナーや暗黙のルールを理解していくものです。

 

タマゴハウスのシェアハウスを見ている限りでは、

最低限のマナーを守ることができる入居者ばかりですので、

よほど神経質な人でなければ問題なく生活しています。

※常識的なマナーや他の入居者に迷惑をかける方には退去してもらいます

静かに・しーっとしているミニぴよちゃん

 

内見のときに、この質問を受けた際には

「ドアを開ける音、洗濯機がなる音、シャワーをつかう音などの生活音はします」

と伝えています。

 

ここに関しては、家族で住んだり、恋人と同棲をしていても、

生活リズムのずれが生じていれば、出てくる問題なので、

これが気になり、眠ることができない方はシェアハウスに入居はしない方が良いと思います。

 

そういった方は少なくとも、ドミトリー(相部屋)ではなく、

個室タイプのシェアハウスにした方が良いでしょう。

 

あくまでもシェアハウスは共同生活ということなのです。

一緒に住む人が多いほど、生活音は出てきます。

 

Author Profile

ハウ蔵
ハウ蔵
タマゴハウスの回し者のひとり。
ハウ蔵は「はうぞう」と読みます。

趣味は趣味探しと自分探し。
なのでキャラが定まっていないことが多い。

最近の好きな食べ物はチキンラーメン。