シェアハウス業界も一般の賃貸不動産に比べても、まだまだ歴史の浅い業界ですので

個人事業として運営している管理業者も多いです。

「シェアハウスの恋人」や「テラスハウス」などのテレビ番組などで、シェアハウスが取り上げられて、ブームになったことに便乗して参入してきた若い会社が多いのです。

だから、清掃や備品発注などのシェアハウス物件の管理が甘いところが多数あります。

運営が高いレベルで定まっていないだけならば、運営方法を改善していってもらうだけで済ませることもできますが、

詐欺に近いグレーゾーンで活動している業者もあるので注意が必要です。

今回は、タマゴハウス以外の業者の話にもなるので、

ネットの口コミやマスコミの記事を参考文献として話していきます!!

 

怪しい業者とは?

怪しい業者の見分け方として、

1:2畳弱の広さしかない極端に狭い部屋
2:元々の部屋を仕切りで無理やり分けている部屋が多数ある

こういうことを行っているということは、入居者の住み易さよりも部屋を無理やり分けて、

1つでも多くの入居者を増やそうという考えで動いています。

だから、怪しいことを行っている業者の可能性があります。

特に、部屋を仕切りで分けるのは、やり方次第で問題はありませんが、

部屋の広さが2畳弱しかないところは多少でも疑いの目を向けた方が良いと思います。

2畳弱と言えば、ベッドを置いたら歩くスペースがありませんからね(笑)

シェアハウス管理業者のホームページを見て、部屋の間取りページを見ると

キレイで広そうな写真を載せていても、実際に部屋を見ると2畳ほどの間取りしかなくて、

非常に狭いということもあるので注意が必要です。

 

賃貸契約のときも注意が必要です

タマゴハウスではこのようなことはありませんが、中には

「部屋を退去すると伝えたら6ヶ月分の賃貸料を請求された」
「退去時に残っていた契約期間の賃料を請求された」

などのトラブルが起こることもあるそうです。

契約書類は、読むのはめんどくさいとは思いますが、

きちんと隅々まで読むようにしてください。

 

騙されないためにはどうしたら良いのか?

シェアハウスは一般の賃貸物件に比べれば、初期費用も安くて、

契約に関しても管理側が制作した「契約書」にサインをするだけで良いのでお手軽に入居できます。

だからこそ、下調べもせずに入居をしてしまうこともあります。

そこで、怪しい業者に当たらないためにも、

1:実際の部屋を見せてもらう(内見)
2:疑問点はきちんと質問をして答えてもらう

この2つをきちんと行ってください。

当たり前のことですが、中には部屋を見せてくれない業者もあるようです。

そのようなシェアハウス業者だと、質問をしても答えや実情を誤摩化している可能性もあるので、

相手に気を遣わずに「バシ!」っと鋭い質問をぶつけてください!

怪しい業者か信用できる業者かを見分ける必要があります。

 

タマゴハウスは信用できるのか?

当社は、法律にも違反することもなくきちんと運営をしています。

入居者が住みやすくなるような「食材発注」「週5清掃」などの独自のサービスを実践しています!

「もしかしたら、タマゴハウスも怪しい業者ではないのか?」

と思っているかも知れません。

だから、特別な事情がない限りは、ご希望のシェアハウス物件に内見をしていただいて

「どのような部屋なのか?」「どのような共用スペースなのか?」を見ていただいております。

その際に、当社のスタッフに質問をして頂ければ、全てに丁寧にお答えします。

それで、タマゴハウスのシェアハウス物件、サービスなどを気に入っていただけたら入居の契約をしていただく、

という流れになっております。

実際に、お会いして信用できる会社かどうか?を見分けてください。

また、当社によくある質問事例集もあります。

「よくある質問集」のページへこちら

 

 

【参考文献】
1:NEVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2136931946217965001

2:シェアハウスの掲示板
http://sharehouse.rupinus.net/

 

Author Profile

ハウ蔵
ハウ蔵
タマゴハウスの回し者のひとり。
ハウ蔵は「はうぞう」と読みます。

趣味は趣味探しと自分探し。
なのでキャラが定まっていないことが多い。

最近の好きな食べ物はチキンラーメン。