シェアハウスに住む人たちは、日中に仕事をする人もいれば、

カラオケやコンビニなど、夜間に仕事をする人もいるので

生活リズムが真逆の人たちが住んでいるケースがほとんどです。

 

特に、タマゴハウスが扱う物件は新宿の中心部周辺ですので、

昼の仕事をしている方、夜の仕事をしている方、またリズムが一定でない方もいらっしゃいます。

 

もしかしたら、あなたがこれからシェアハウスに住もうか悩んでいて、

「昼も夜も誰かしら起きているのでは、うるさくて眠れないのでは?」

と不安に思っているかもしれませんね。

実際のシェアハウスはどのようなものなのかをお話していきます。

 

現在のタマゴハウスの状況

先にも述べたとおり、新宿という土地柄なので、

昼を中心に生活をしている人も、夜を中心に生活をしている人も住んでいます。

ですから、最低限の生活音は我慢していただくしかありません。

例えば、

・ドアが開く音
・トイレに行く音
・シャワーを使う際の給湯器の音

などなど、生活をしている中で出てしまう音は必ず出ます。

普通に家族で住んでいても、同じような生活音は出ると思います。

それと同じようなものだとイメージしてください。

生まれてからずっと1人暮らしという方はほとんどいないと思いますので、

そのへんは大丈夫だとは思いますが、

シェアハウス生活をしたことがない最初は、

「ルールが厳しいのかな?」
「私はやっていけるのかな?」
「大丈夫かな?」

と不安になるかも知れません。

実際に、住んでみるとわかりますが、

住んでいくうちに自然と周りの人の生活を見て、

ほとんど全員がシェアハウス生活に慣れていき、馴染んでいきます。

 

入居審査で社会性のない人を判別しています

タマゴハウスには入居審査があります。

最低限のマナーを守れない人を、出来るだけ入居させないようにしています。

・挨拶ができない
・共同スペースを散らかす
・決められたルールを守ることができない

というような人がいると、シェアハウスが成立しなくなってしまうからです。

もしも、他のルームシェアのメンバーから、上記のような人だと指摘があり、

入居してからマナーやルールを守れない場合は、タマゴハウスのスタッフが警告をします。

 

それでも、マナーやルールを守ることができない方は、残念ですが、退去していただいております。

家族と住んでいたり、学生時代などに寮で生活をしていれば、

一緒に住んでいる人が先に寝ていれば、出来るだけ物音を立てないようにしたりしますよね?

ひみつ・しずかに

こういった一般的な常識さえ守ることができればシェアハウスの入居は問題ありません。

 

また、現在シェアハウスに入居している方々も、

最低限のマナーを守ることができる、常識的な人たちですので、ご安心ください。

 

シェアハウスでの最低限のルールとマナーを守って、

快適でトラブルのないシェアハウス生活をはじめてみてくださいね(*’ω’*)