最近は、シェアハウスだけではなく、「ソーシャルアパートメント」という、シェアハウスとマンションの中間に位置するものも出てきました。

ソーシャルアパートメントのコンセプトのひとつに、

ワンルームマンション+α」があります。

従来のワンルームマンションの建物に共同スペースもついていて、

大規模なキッチンや、シアタールームなどが設置されているところもあります。

「ワンルームマンションのプライベート」

+プラス

「普通のマンションではありえない豪華な設備を共有」

というのが「ソーシャルアパートメント」です。

ソーシャルアパートメントの良いところ

1:設備の違い

先ほども、お話しましたが、普通の1ルームマンションに

  • シアタールーム
  • 豪華な家具
  • 大規模なキッチン

といった高級マンション並みの設備があります。

趣味が、料理や映画という人にとってはアリかも知れませんね。

 

2:人の出入りが自由か?禁止されているか?

シェアハウスだと基本的には部外者の出入りは禁止されていますが、

ソーシャルアパートメントの場合は「玄関から部屋に直接出入り」できる、という自由な状態になっています。

この2点がソーシャルアパートメントの利点と言えるでしょう☆

 

シェアハウスの良いところ

1:建物の規模や入居者数

ソーシャルアパートメントは大規模な建物が多いので、

入居者数が100人を超えるところもあり、プライベートが守られている反面、

「顔を見たことがある」程度の入居者も数多くなります。

シェアハウスの場合は入居者数が少ないので、みんな顔見知りになっていき、

「知らない人がいない」という状態になりますので、安心して生活をすることができます。

シェアハウスに住んでいると、ルームシェアをしているような「同居者」という感覚になりますので、

人と親しくなりやすいです。

 

2:コミュニケーションの取り方

シェアハウスの場合は、一緒の部屋や家に住んでいる「家族」に近いコミュニケーションの取り方になります。

ドミトリーの物件ならば、兄弟が同じ部屋の2段ベッドで寝ているのと同じような感覚です。

個室に住んでいても、毎日のように顔を合わせることになります。

ソーシャルアパートメントの場合は、他の入居者と顔を合わせようとしなくても生活ができるので、

挨拶くらいしかしたことがない人もたくさん出てきます。

 

3:費用

ソーシャルアパートメントの場合は、一般的な1ルームマンションと同じくらいの賃料が必要になってきます。

しかし、シェアハウスの場合は、一般的な賃貸物件よりも生活費を半分以下にすることも可能です。

この費用面がシェアハウスとソーシャルアパートメントの1番大きな違いだと思います。

 

シェアハウスとソーシャルアパートメントのどちらが良いのか?

ソーシャルアパートメントの良さは、「豪華な設備」「プライベート」になりますので、

あくまでも賃貸マンションで暮らす生活の延長線になります。

「共同生活に興味をある」
「節約をしてお金を貯めたい!」
「上京してきたばかりで友人が欲しい」

といった方は、まずはシェアハウスで暮らしてみることから始めたらどうでしょうか?

ソーシャルアパートメントとは違い、安くて、さらにタマゴハウスなら新宿で立地が最高です。

だから、シェアハウスに入居してみて合わなければソーシャルアパートメントを検討する

というのがベストな流れだと思います!!

是非、参考にしてみてください☆

Author Profile

ハウ蔵
ハウ蔵
タマゴハウスの回し者のひとり。
ハウ蔵は「はうぞう」と読みます。

趣味は趣味探しと自分探し。
なのでキャラが定まっていないことが多い。

最近の好きな食べ物はチキンラーメン。